累計アクセス数
193818
(2002年3月14日より)


コスモポリタン美術館
出張展示場


油彩その2 その3


コスモポリタン美術館
出張展示場

「北の国から」シリーズ


当サイトのバナーです。
ご自由にお持ちください。
キムタコさんに作成していただき
ました。ありがとうございます。

Copyright © 2002-2003
Manabe Toshitada.
All rights reserved.
サイト内の画像を許可無く
転用することを禁じます。
Site design by H.Manabe.
このサイトに関するお問い
合わせはこちらまで。


真鍋敏忠アートギャラリーへようこそ。
ご覧になってのご感想を是非掲示板までお寄せ下さい。
メールもお待ちしております。

「でんでん太鼓」(墨絵)

2018年10月19日 (金)
「北海道まなべ会」秋の懇親会

今朝(19日)の札幌は快晴のためかめっきり冷え込んで、早朝6時頃手稲前田の屋外は1度だった。しかし、お昼ごろになると気温も20度ぐらいになり、屋外で作業をしていると汗が出るほどになった。

昨日は「北海道まなべ会」秋の懇親会があり、すすきのの居酒屋で4月の総会以来の顔合わせをした。今回の懇親会には参加予定のお一人が急遽欠席になり、わずか5人の淋しい会になってしまった。しかし、同族会は親戚同士のような親しさがあり、昨夜は誰にも迫ってくる老後の暮らし方などざっくばらんな話題を語り合った。

街に出たついでに、懇親会前に「北海道銀行札幌駅前支店ミニギャラリー」で私の絵仲間だった坂元輝行さん、中川幸宏さんが参加されている第11回曙彩会「はがき絵5人展」を観た。40数年前真駒内曙中学校に勤務された同僚が古希を迎えて5人で始められた「はがき絵」展も、今回は故人となられたお二人の作品も含めて展示し、この回で最後にされるそうです。今回の作品は静物画が多く展示されてました。

次に大通駅で降りて「大丸藤井セントラル」で「2018年 もみじ窯 香西信行作陶展」を観た。香西さんは国内外で作品を発表し活躍されてきました。今回の胆振東部地震の被害に遭われ、窯の一部が崩壊したそうですが、翌日から再建に努力されたようです。焼く前に約3割の作品が破損したにもかかわらず、今回100点余りの作品が展示されてました。

懇親会前のため香西さんとも短時間しかおしゃべりできませんでしたが、私より一回り近く若い彼の今後の活躍を期待しています。前回の個展で買い求めた急須は形と言い、景色と言い、こんなに気に入った容器は初めてで毎日うっとりと見ながら愛用しています。以前気に入った黄瀬戸の茶碗にパンジーを生けて油彩画で描いたことがあるが、急須なんとか絵にならないものだろうか。

2018年10月15日 (月)
小樽運河秋色

札幌もめっきり寒くなってきた。一昨日(13日)、昨日(14日)と小樽運河を描きに行くため4時半起床で6時に家を出発した。5時ごろの気温は13日が3度、14日が7度と寒くなっていたので、冬の装いで家を出た。2日目の昨日は、手宮方面の山の上は快晴で、山裾の家並みもかなりよく見え紅葉も進んでいたので、お昼ごろの光で仕上げる予定を変更して朝の光で仕上げることにした。

海側からの太陽の光は山側の部分に強い影を落としていた。早朝目に見えるままに彩色すると右側の倉庫群の運河側の壁面が暗くなり過ぎるので、多少陽が上がって倉庫の壁面と運河の石垣が明るくなった状態で彩色した。道路側の土手の松の枝の陰影の彩色にも神経を使った。中央橋のふもとにある回遊ボートの船着き場辺りの描写もいつの状態を描くか苦労する。また、私は風景の中に人物を描くのが苦手なので、いつも人物のいない風景を描いている。

私が集中して絵を描いている時には観光客から話しかけられることはほとんどないし、私も観光客を全く意識しない。しかし、私の背後で写真を撮ったりする気配は感じるし、絵描きさんが描いている同じ風景を撮ろうと私の前に来て写真を撮る観光客は多い。そんな時には黙って待つしか無い。観光地なんだから。

いつも遠出する時には早朝5時ごろに朝食をとっているので、昨日は早目に椅子に座って休憩を取り、おにぎりを食べていると、中国の女性が「写真を撮ってもいいですか」と英語でことわってからいろいろ話しかけてきた。また、珍しくスウェーデンからの若いご夫婦が2歳ぐらいの可愛い女の子を連れて私の絵を見入っていた。女の子の名前を聞くと「ノラ」と奥さんが答えた。私はイプセンの戯曲「人形の家」のヒロインがノラだったことを思い出し、「小説のヒロインの名前と同じですね。」と言ってしまった。

私の記憶ではノラは新しい時代を生きる女性を描いていたので、家に帰ってからイプセンの国籍を調べたら、ノルウェーの劇作家だった。60年ほど昔に読んだ小説のあいまいな記憶では、女性の開放を求めて家を飛び出してしまうあらすじではなかったか。このすごく可愛らしい女の子も新時代に生きる強い女性になってくれることを願う両親の期待を込めて名付けられたのだろうか。日本では「ノラ」は駄目ですよね。野良猫や野良犬を連想するから。

明日は各地の峠で雪が降り、冬タイヤの装着が必要だと天気予報で言っていたので、午後から屋外に置いているサボテン類の鉢を玄関フード内に入れた。もっと気温が下ってから玄関ホールと居間に移動することになる。月下美人と紅孔雀は管理が悪いと花をつけない。ご近所から頂いたシンビジュームもこの数年花をつけてくれない。母が残した園芸の本を調べたり、インターネットで植物の栽培について調べているが、ランとかサボテンは難しい。

過去の記事を読む