累計アクセス数
209744
(2002年3月14日より)


コスモポリタン美術館
出張展示場


油彩その2 その3


コスモポリタン美術館
出張展示場

「北の国から」シリーズ


当サイトのバナーです。
ご自由にお持ちください。
キムタコさんに作成していただき
ました。ありがとうございます。

Copyright © 2002-2003
Manabe Toshitada.
All rights reserved.
サイト内の画像を許可無く
転用することを禁じます。
Site design by H.Manabe.
このサイトに関するお問い
合わせはこちらまで。


真鍋敏忠アートギャラリーへようこそ。
ご覧になってのご感想を是非掲示板までお寄せ下さい。
メールもお待ちしております。

「黒板五郎の石の家」(水彩 SM)

2020年4月10日 (金)
北海道コロナ感染第2波の予兆。

昨日9日、いなづみ病院で2ヶ月に一度の検査を受けてきた。病院に行くことが怖い状態だが、息子に渡されている特別のマスクをして出かけた。8時開院だが30分前に受付順番カードを取ることができるので、開院20分前に行くと、もう順番カードが3番になっていた。受付1番のご婦人がマスクをしないで奥のベンチに座って咳をしていたので、寒いけど外に出て内戸が開く8時を待った。

受付を終え、診察の始まる9時前に看護師さんの問診があり、検尿、採血が始まる。ベンチで問診を待つ患者さんはほとんどマスクを付けていた。マスクを付けていない人はきっとマスクが手に入らない人だろうと、わが家で息子が早い内にマスクを数種用意しておいてくれたのに感謝。

看護師さんの問診でいろいろ聞かれている時、私のマスクに注目され、彼女は私のマスクのマークを覗き込むように見ていた。後で診察の時には主治医の先生も私のマスクが気になっておられたようだ。私のマスクは息子がネットでよく調べ、モノタロウで付ける人に合わせて購入しているようで、私の顔に合わせて調整してくれた。外気をしっかりシャットアウトしているため、自分の息がこもりマスクが湿っぽくなることがあるので、予備を持っていて通気の少し良い方に付け替えるようにしている。良いマスクは運転していてもメガネが曇らないのでありがたい。

ところで、診察の結果は新型コロナウイルス感染のニュースが気になり、お菓子をつまみテレビを見る時間が多かったため、HbA1cの目標値7.0 が少し上がって7.1 になり、血糖値(グルコース)が137と高かった。6月には全身エコー検査で各臓器を調べてもらうことになっているので、食生活にもっと真面目に取り組みたい。目標の82歳に到達すると、あとは儲け物の生命と欲がなくなる。不要不急の外出を徹底的に控えている今の内に、身辺整理をして惜しがらず書物を始め物を捨てていこうと思う。

2020年4月5日 (日)
予約金全額返金の電話あり。

昨日(4日)天気がよく暖かかったので冬囲いの残りを片付けた。福寿草が全開で、カタクリ、チューリップ、スイセン、クロッカス、その他の草花の茎が伸び始めているので、踏まないよう注意しながら清掃した。なんとなく梅のツボミも膨らんできているような気がする。去年はさくらんぼ、梅の実のつきが悪く絵に描くことが出来なかったが、せめて今年は絵に描けるぐらいは実をつけてくれないかと期待している。

庭仕事中に道新ぎゃらりーの袴田さんから電話が入って、コロナウイルスの感染状況により個展を中止した私の場合、北海道新聞社も非常事態と考え予約金全額を返金すると連絡された。「道新ぎゃらりー利用規約」の中に「ご利用者側の都合によりキャンセルされた場合、内金の返金はできませんのでご了承ください。」という文言があったので、私は返金について一言も触れてなかった。この時期に道新ぎゃらりーを使って個展やグループ展を開かれている方もおられるし、道新側から中止させられるわけでないので予約金の返金は考えてもいなかったので本当にうれしかった。交渉してくださった袴田さんに感謝、感謝です。

札幌市では今年の夏のYOSAKOIそうらん、PMF音楽祭、ライラック祭り等のイベントは中止されることに決まった。昨日、今日と東京都の感染者が100を超えているのに、国の非常事態宣言はまだ出されない。ネットで岡田晴恵白鴎大教授の著書に基づいた過去の世界のウイルスと細菌による人口減の歴史を勉強してみたが、治療法のないウイルスによる感染がいかに恐ろしいか知らされた。一刻も早い国の「非常事態宣言」が待たれる。

過去の記事を読む