累計アクセス数
179461
(2002年3月14日より)


コスモポリタン美術館
出張展示場


油彩その2 その3


コスモポリタン美術館
出張展示場

「北の国から」シリーズ


当サイトのバナーです。
ご自由にお持ちください。
キムタコさんに作成していただき
ました。ありがとうございます。

Copyright © 2002-2003
Manabe Toshitada.
All rights reserved.
サイト内の画像を許可無く
転用することを禁じます。
Site design by H.Manabe.
このサイトに関するお問い
合わせはこちらまで。


真鍋敏忠アートギャラリーへようこそ。
ご覧になってのご感想を是非掲示板までお寄せ下さい。
メールもお待ちしております。

「運河滞船」(油彩 F100, 1987年)

2017年7月24日 (月)
「北運河」を仕上げに行く。

昨日(23日)は「いろりっこの会」の7月例会があり、一ヶ月ぶりに歌を歌いに行った。先月の例会ではよく声が出たのに、昨日はどの歌もよく声が出なかった。やっぱり一人カラオケにでも通って普段から歌わないと、声帯が弱ってしまって歌えなくなりそうだ。

今日は天候が良いので7月5日にデッサンしておいた「北運河」を彩色しに行った。全く日陰のない橋の上で描くので、熱中症にならないよう10時頃までに彩色を終える予定で5時50分に家を出発した。途中埠頭公園に寄ったり、コンビニで買い物したりしたので、彩色を始めたのは7時ごろだったと思う。8時過ぎた頃からだんだん暑くなり、彩色を続けるのは無理かなとも考えたが、しばらくして風が吹き始めて少し涼しくなり、どうにか10時過ぎる頃までに彩色を終えることが出来た。

2017年7月22日 (土)
三重県からの来客

連日北海道も暑い日が続いていて外出も控えるようにしている。それでも昨日21日は札幌も30度を下回り、数日ぶりに三重県菰野町からのお客様を迎え、石狩灯台のある「はまなすの丘公園」までドライブした。菰野町からのお客様は私の個展を毎回観に来てくださるKさんで、今年の4月の個展にもお友達と観に来て下さっていた。しかし、個展最終日で入場者で混雑し、まともにおしゃべりも出来ず、十分なおもてなしも出来ず申し訳なく思っていた。

一昨日遅く彼女から電話をいただき「明日訪問します。」ということだった。以前にもお友達とご一緒に来宅されたことがあり、手稲駅前のステーションホテルに宿泊され、私が車で迎えに出るのを断られ歩いて来宅された。今回の一人旅は3泊4日で小樽、手稲、千歳と知人を尋ねる旅のようでした。私の家には最近大動脈解離で亡くなられたお母様の形見の品を届けるのが目的のようでした。

今までに何度も、お母様が手編みで編まれた作品を妻にプレゼントして下さっていて、最後に形見の品として生前使用することが出来ず残された反物を届けて下さった。多分、形見の反物で妻は作品を何点か作り、Kさんにプレゼントすることになります。

家でおしゃべりしていても時間がもったいないので、3人で石狩方面へドライブすることにして、「はまなすの丘公園」のビジターセンターの駐車場に車を停めた。運悪く私がよく描いている「喜びも悲しみも幾歳月」の映画に登場する灯台が修理か改築で覆われていて写真に写すことができなかった。それでもセンター内に入り、私の描いた2枚の絵と絵ハガキのパネルをKさんに見てもらうことができた。

帰りは海岸線を走り、石狩新港に寄り、石狩の農産物直売店「とれのさと」と「さんぱちラーメン」店に寄って、最後にSさんが一度来られたことのある「前田森林公園」で600メートルのカナルとテラス近辺を珍しい実や花をつけた木々を鑑賞しながら散策した。なんとか、5時間弱のおもてなしをして手稲駅へお送りすることが出来ほっとした。

過去の記事を読む