累計アクセス数
225482
(2002年3月14日より)


コスモポリタン美術館
出張展示場


油彩その2 その3


コスモポリタン美術館
出張展示場

「北の国から」シリーズ


当サイトのバナーです。
ご自由にお持ちください。
キムタコさんに作成していただき
ました。ありがとうございます。

Copyright © 2002-2003
Manabe Toshitada.
All rights reserved.
サイト内の画像を許可無く
転用することを禁じます。
Site design by H.Manabe.
このサイトに関するお問い
合わせはこちらまで。


真鍋敏忠アートギャラリーへようこそ。
ご覧になってのご感想を是非掲示板までお寄せ下さい。
メールもお待ちしております。

「夢の跡・石狩IV」(油彩 F100, 1995年)

2021年10月25日 (月)
冬囲いスタート。

昨日、今日(25日)と起床時の屋外の気温が-2度と寒くなりました。しかし、今日の日中は好天で気温も20度を超える暖かさだったので、午前午後と庭仕事に精を出した。まだ庭の木々の大半は紅葉前で枯れ葉もあまり落ちていませんが、暖かい内に冬囲いをしておかないと11月初めに平地にも初雪が降ると予報されています。テレビの天気予報では今月末までは雪は降らないと言っていましたが、車のタイヤ交換も早めに終えておこうと考えている。

この1週間札幌のコロナ感染者数も一桁の日が多かったが、今日は札幌一人で北海道の他の地域ではゼロだった。これから北海道への観光客も増えるだろうし、飲食店の夜の営業も制限が緩められるので、感染者数の下げ止まりがいつまで続くものかちょっと心配でもある。我が家では非常事態宣言解除後も今までどおりの生活が続いていますが、私はそろそろギャラリー巡り程度は始めようかと思っている。

24日町内の資源回収日で美術雑誌(一枚の繪)をダンボール10箱ほど廃棄処分したが、次は来月末までに大学生の頃から絵の勉強のため購読していたアトリエを40年分近くダンボールに詰めて廃棄処分しようと思っている。この歳になり、あと何年生きられるかを考えるようになると、物を捨てることに躊躇していると残された家族が困るだけなので迷うことも無くなった。

書物以外に今では使用していない古いタイプライター、テープレコーダー、語学学習器具等々
、廃棄処分前に骨董品価値を調べる必要ありかもしれない。大学生の頃購入したソニーのリール式初期のテープレコーダー、世界中の短波放送を聞くことができる7万円したソニーのラジオも押入れの天袋で眠っている。他には、膨大な数のTV番組を録画したビデオテープや英語番組を録音したカセットテープは燃えるゴミとして廃棄処分かな。

あとに残された家族が困らないように、ゆっくり持ち物を片付けていくためには数年掛かりそうなので、なんとか90歳までは生きなければならない。

2021年10月19日 (火)
曼珠沙華(彼岸花)3輪寒さに耐えています。

札幌手稲前田、昨日(18日)起床時屋外気温が-0.5度で、今朝は0度でした。今日も寒くても好天だったので、屋外の片付けや枯れ花の処理に精を出しました。ホトトギス、菊などまだ花をつけている草花の中で、10月2日に初めて花を咲かせた曼珠沙華(彼岸花)の後に咲いた3輪の曼珠沙華がまだ元気にプランターの中で咲き誇っている。また、寒さが厳しい中、2つのプランターの中でやっと曼珠沙華の葉が芽を出し始めた。このままうまく冬を越してくれればと願っている。

最近国土交通省から「自動車の利用実態に関する調査」のアンケートの協力要請が来たので19日にアンケートを返送した。今度は北海道公安委員会から「認知機能検査及び高齢者講習のお知らせ」が届いた。前回自動車運転免許の更新を受けてからコロナ禍で買い物と通院以外ほとんど車の利用ができない内に、来年3月の免許証の更新が迫ってきた。来年3月で84歳になるので、これが最後の免許更新と思っている。

過去の記事を読む