累計アクセス数
175658
(2002年3月14日より)


コスモポリタン美術館
出張展示場


油彩その2 その3


コスモポリタン美術館
出張展示場

「北の国から」シリーズ


当サイトのバナーです。
ご自由にお持ちください。
キムタコさんに作成していただき
ました。ありがとうございます。

Copyright © 2002-2003
Manabe Toshitada.
All rights reserved.
サイト内の画像を許可無く
転用することを禁じます。
Site design by H.Manabe.
このサイトに関するお問い
合わせはこちらまで。


真鍋敏忠アートギャラリーへようこそ。
ご覧になってのご感想を是非掲示板までお寄せ下さい。
メールもお待ちしております。

「でんでん太鼓」(墨絵)

2017年2月25日 (土)
個展案内ハガキ受領

昨日(24日)大雪が心配されたが、午後雪も収まり、指定された午後2時にアイワードまで車で個展案内ハガキを受け取りに行ってきた。毎回担当者が同じUさんのこともあり、全て会社を信頼し、こちらから費用がいくら掛かるかも尋ねることもしないでお任せした。期待通り立派な案内ハガキを受け取ることが出来た。請求額も前回2015年と同じで、多少の値上がりは覚悟していたのでほっとした。

案内ハガキの発送は、コンチネンタルギャラリーで個展を開催していた時の学芸員の樽野さんの指導をずっと守っていて、各報道関係宛には個展開始日一ヶ月前、前回芳名帳記名者にはその後直ぐと決めていますので、3月中旬になります。道新ぎゃらりーは場所が良いため、行きずりの入場者も多く、毎回入場者は1,000名を超えるため、印刷した2,000枚の内半数を会場用に残して,約700枚を各ギャラリーに置いて回りたいと考えています。勿論勝手に置くのではなく、それぞれのギャラリーの担当者にお願いしています。

今札幌では「札幌冬季アジア大会」が開催中で、日本選手の活躍をテレビや新聞報道で知り、一喜一憂しています。以前お向かいに家が建っていない頃には、二階にある私の部屋から手稲山ハイランド、オリンピア、千尺コースを滑る人のコートの色も識別できる程だった。今ではお向かいの屋根の上に手稲山頂上のハイランドの急斜面が見えるだけになってしまった。札幌に住んでいながら冬季アジア大会を観に行かないのはもったいないと思われるかもしれませんが、意外と札幌市民の冬季アジア大会への関心は低いようです。

2017年2月18日 (土)
個展案内ハガキ校正終え、24日受け取り予定。

今週のゴミステーション設置当番を昨日(17日)無事終えた。早朝5時の起床は大変だったが、幸い最低気温がマイナス1度前後で、最高気温もプラスになったりでついていた。今朝はいっぺんに気温が低くなり、我家の庭での計測ではマイナス10度で積雪も81センチと9センチも降った。

昨日は午後1時半にアイワードまで車で行き、個展案内ハガキの校正をしてきた。2015年のハガキの絵と年月日を変えるだけの確認なので、お茶とコーヒーを頂きながら、担当のUさんとちょっとおしゃべりして直ぐ帰宅した。Uさんが25日に送る予定と話されたので、お手数を掛けなくて済むよう、私が直接24日に受け取りに行くことにした。

案内ハガキの件が片付いたので、昨日、今日と展示作品の選択をした。傘寿記念として約55年の絵画活動を振り返ってみる資料も展示する予定のため、新作展示の壁面が少なくなる。F4,F6号大合わせて38点、SM,F3号大12点は展示したい。小品の二段がけもやむえないかな、といろいろ構想を練っている。
どんな作品を、どんな順序で展示すると見やすく、絵を楽しんでもらえるかと観覧者になった気分でシュミレーションしている。

「道新ぎゃらりー」の展覧会はほとんどがグループ展とか教室展が中心で、今年度1月から8月まで44の展覧会中、個展は私を含めて3回と知り、驚きとともにアマチュア画家の私に会場を貸していただけることに大変恐縮してしまった。毎回1000人以上の入場者の皆さんに共感して頂き、楽しんで頂ける作品を展示できるか、ちょっと不安な気持ちになっている。次回も道新ぎゃらりーで個展をやらせてもらえるなら、今一層の精進が必要だろう。少なくともあと10年は長生きしたい。

過去の記事を読む